早良区飯倉にある健翔堂整骨院ではトレーニングを推奨します

ご覧になっていただきありがとうございます。

健翔堂整骨院の中野です。

今回のテーマはトレーニングは筋力強化、ストレス発散に効果がありいいことしかないので健翔堂整骨院では積極的に取り組んでいただけるように施術と合わせてお話させていただいてます。

トレーニング(筋トレ)に拒絶反応起きていませんか?

きつい、辛い、続かない

トレーニングの一般的なイメージはきつい、辛い、続かない何故自ら苦しい方向へ行かなければならないと思われていませんか?

まさしくその通りです!

トレーニングに痛み苦しみは付き物です。

理想はフィットネスクラブやトレーニングジムに通うことですが月謝の価格が高い仕事に子育てでとてもそんな時間がない方には自重トレーニングがおススメです。

自重トレーニングとは自身の体重が負荷のトレーニングのことで腕立て伏せ、懸垂、スクワット、上体起こしのことを指します。

最初は10回を3セットを目標に組んで物足りなく感じたら10回から数を増やせばいいですが一度に多くやらないことです。

一度に多くトレーニングをするとその反動で筋肉痛が酷く出ることでトレーニングを嫌いトレーニングをしなくなる傾向はよく聞きますし続かない人の多くの理由ではないでしょうか?

曜日を決めてトレーニングをすると習慣化していくのでおススメですよ。

因みに私は休診日の火曜日は必ずジムに行くようにしています。

プロテインについて

プロテインは飲まないといけないのか飲むべきなのかそもそもプロテインって飲んだでも害はないのか?

お答えします。

プロテインとは和名ではたんぱく質を意味したんぱく質は身体の組織を構成する栄養素です。

ですので飲んだほうがトレーニングで使った筋組織の修復や成長を促しますし消化吸収が速いので内臓に負担なく体内に取り込めます。

市場に出回っているプロテインは乳たんぱくを主としたホエイプロテインです。

その他にも大豆たんぱくのソイプロテイン、たまご主成分のエッグプロテイン、牛乳主成分のビーフプロテイン等多岐にわたって種類がありますが日本で多く飲まれているのはホエイプロテインです。

プロテインの副作用をひとつだけ上げるとすればお腹が緩くなる人がいます。

これは乳糖不耐症という症状です。

乳糖不耐症は乳糖を小腸内で分解する際にラクターゼという消化酵素がなく吸収されないと下痢や腹痛を起こす症状です。

私の経験上飲み続けていればある程度の耐性が出来ますが今のご時世研究が進んでいます。

乳糖量を減らしたタイプのプロテインも販売されていますが価格が高めなのでソイプロテインという選択肢もありますがホエイプロテインと比べておいしさは天と地ほどの差があります(これは個人差が生じるでしょうが・・・)

ACCESS

早良区の健翔堂整骨院へお越しの際は

早良区にある健翔堂整骨院へお気軽にご相談ください。
当院では丁寧で優しい施術がご好評いただいており、地域の方々から高い信頼をいただいております。 早良区で整骨院をお探しの方は当院までお越しください。
健翔堂整骨院写真
店舗名 健翔堂整骨院
営業時間 10時00分~20時30分(昼休みなし)
定休日 火曜日 祝日
最寄駅 西鉄バス:飯倉2丁目 地下鉄:金山駅
お気軽にお電話ください
10時00分~20時30分(昼休みなし)
福岡県福岡市早良区飯倉2丁目11-2アールズテラス荒江1階

最後に大切なのは休息、睡眠

どんなに質のいいトレーニングをしても栄養を取らなければ意味がありませんし体質変化も起きません。

その中でも休息はとても大事です。

睡眠は身体の組織修復、免疫力の向上トレーニングに限らず疎かにしてはいけません。

未だに日本では寝ていないアピールをして頑張っていますだなんて言っている人は身体に負担をかけているだけなので賢いアピールではありません。

早良区飯倉にある健翔堂整骨院では施術による身体のメンテナンスだけでなく日常生活においてのサポートも出来る範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまたの更新でお目に止めていただければ更新の励みになります。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

RELATED関連記事